カラコンの付け方 コツ | カラコンの装着

カラコンの付け方 コツ | カラコンの装着

 

カラコンの着け方についてご紹介します!
とっても基本的なことなので、しっかりと覚えて
安全にカラコンライフを楽しみましょうね!播(*゚∀゚*)

 

この三つは基本ルールです

 

1.手を石鹸でよく洗い、水気をとりましょう♪
手に油分やホコリなどがついたままレンズを触ってしまうと充血の原因になるので注意してくださいね。

 

2.レンズをひとさし指でケースからゆっくりと取り出して、レンズの表と裏を確認しましょう♪
外側に反り返っているほうが裏側です。必ず、内側にくるんとおわん型になっていないと、ゴロゴロと異物感がしたり、角膜を傷つけてしまう原因になります。( ノД`)

 

3.両手の中指で上下のまぶたを引っ張り、しっかりと目を開いた状態でレンズを瞳の真ん中にのせます。
その後、ゆっくりと瞬きをして瞳になじませます。
この時、強く瞬きをしたり黒目を早く動かしたりしてしまうとレンズが落ちてしまう可能性があるので気をつけてくださいね。

 

どうやって着け心地のいいカラコンを見つけるの??(℃°)

 

カラコンを買う時には、まず2つの数値を見る必要があります。

 

目に触れる部分のレンズのカーブを表す「BC(BaceCarbの略)」とコンタクトの直径を表す「DIA(Diameterの略)」という数値です。

 

【BCとは?】
「BC」は数字が大きくなる程カーブがゆるく、小さくなる程カーブはきつくなります。
現在販売されているものは8.6という値が一般的です。
これが合っていないと、眼球が圧迫感を感じゴロゴロしまったり、カラコンがズレやすくなります。
長時間着けていると疲労感を感じたり、充血したりすることもあるので大切な数値なんですよ!

 

【DIAとは?】
一方の「DIA」は、色が着いているところの直径ではなく、透明のところを含めたレンズ自体の直径を表していて、この数値が大きいほど、レンズ直径の大きなレンズということになります。
つまり、より実際の瞳よりも大きく見え、デカ目効果があるということです。
国内で承認されているカラコンですと、14.5mmのレンズで大きい部類に入ります。
しかし!白目部分があまり多くないのに、14.5mm以上のデカ目カラコンを入れてしまうとかなり不自然な瞳になってしまうので注意しましょう!
せっかく買って着けたのに、逆効果だともったいないですもんね(;゚Д゚i|!)
DIAが14.0mm以下のものは実際の瞳の直径に近く自然ですが、デカ目効果を期待する方にはモノ足りないと感じてしまうかもしれませんね!

 

人それぞれ眼球や、瞳の大きさが違うようにちょうどいい「BC」や「DIA」も人それぞれ違うんです!
それを知る為にも、まずは眼科で検診を受けることをオススメします。

 

難しい場合は、近くのコンタクトショップで試着をしたり、複数いろんなサイズのカラコンを買って実際に使用したりして自分の瞳にぴったりのサイジングを見つけてくださいね♪

 

私の場合、カラコンショップでいろいろ試して「BC=8.6」「DIA=14.5mm」が一番つけ心地がいいことが分かりました!!
それからはカラコン選びにあまり苦労しなくなり、ネットでもドンドン購入していますよ(●´ω`●)ゞエヘヘ

 

まずは、この2つの数値について知ることから始めましょ♪

 

オススメの色はナチュラル系カラコンです♪
カラコン ナチュラル 人気 | おすすめナチュラル系

 

 

サイトトップ>カラコン通販naviへ戻る